[日記]スタッドレスタイヤに履き替え

もうすぐ12月がやってきますね。
那須高原の冬はすぐそこまで来ています。
でも今日はポカポカ陽気、なので今のうちにと冬支度といきますか。
車のタイヤ交換をしました。
ハンターマウンテン塩原は12月1日からスキー場オープン予定ですよ!

年末年始にご宿泊予定のお客様にお知らせです。
この時期の那須は積雪の可能性もございますので、スタッドレスタイヤまたはチェーン等のご用意をお忘れなく。また、天気予報もよくチェックして、くれぐれも安全運転でお越しくださいませ。

IMG_20181128_124700IMG_20181128_130115

【那須岳】姥ケ平の紅葉が見ごろです

那須岳、姥ケ平(うばがだいら)の紅葉が現在見ごろを迎えました。
今週末は連休です。紅葉を楽しみにぜひ那須へお出かけください。

ナザル・ボンジュは紅葉を楽しめる今週末、若干の空室がございます。

ご予約はこちらから

【日記】ハイドレーションシステム自作してみました

ジョギング(マラニック)していて気になることに、水分補給に手間取りたくない、

というのがあります。

 

バックパックを背負うことで、着替えの取り出しとかのおおごと(?)以外は、背負ったまま

行動したくなります。前回の記事では、カメラと携帯の取り出しはクリアされました。

今回は、水分補給を手間なく行うことを目的に、ハイドレーションシステムを導入する

ことにします。

ただハイドレを検索するとジップロックのような袋とホース1本のセットで2~5000円程度

することが判明、そんなに本格的に必要かというと単なる好奇心からなので、まずは安上がり

であろう自作をしてみることにします。

今までハイドレは使ったことがなかったのですが、いろいろ検索するといろんな不都合が

報告されています。

例えば、

1.袋やホースの中の洗浄がけっこうめんどくさい。

2.走っていて疲れているときに、長いチューブから吸うことはつらい。

など。

んで、いきなりですが作ったのがコレ↓

P1260054

汎用ペットボトルを使うことで、容器は使い捨て可(蓋は洗う必要ありますが)

吸うのが辛いなら水を押してしまえばいい、という発想です。

具体的には、青いシュポシュポを押すと、細いチューブから水がでてくる仕組み。

勢いがつくと灯油ポンプのように、シュポシュポしなくても水が出続けるようになります^^

 

 

使う部品は↓

・ペットボトル(約100円)

青いシュポシュポ(108円 ダイソーで買ったカメラ用のブロワ)

シリコンチューブ(ホームセンター 外径6mm240円/m と10mm520円/mのもの)

それと後で購入したバルブ(168円 チューブも1mついているのでこれを使えば

もっと安くできますが、なにしろ臭いがきつくて私は使いませんでした)

 

以上で1000円弱。

P1260030P1260208P1260210

 

ペットボトルのキャップに穴をふたつあけます。

シリコンチューブの径より2mm程小さいほうがよい。

P1260034P1260037

 

シリコンチューブ10mmにシュポシュポが測ったようにきっちりハマります。

P1260046

10mm管は、キャップに少しだけ挿入、6mm管はペットボトルの高さ+αくらいの

長さ分挿入。それをペットボトルにはめます。だいたい完成。

P1260051P1260058

↓なんかちょうどよさそうなマウスピースがうちに転がっていたので取り付けてみました。

P1260059

↓飲み口の近くにバルブをつければ、水のストッパーになります。

P1260212

 

↓装着状態

image1

右手でシュポシュポすることで、左側の飲み口から水がでてきます。

 

今日、このいでたちで実際に20kmほど走ってきましたが、走りながらでも

水分補給が難なくでき、呼吸が荒れていても水を含むこともできてとても満足。

あとは、飲み口やシュポシュポの固定方法なんかをもう少し改善すれば

市販のものよりよっぽどいいんじゃないかな。特許とれないかな?なんて。

[日記]空、眺めていますか?

こんばんは。

ここ数日、雨や曇りで厚い雲に覆われていた那須ですが、

今晩は若干雲がありますが、かなり空を眺められるお天気となっています。

 

新しいカメラを購入して、楽しくていろんな被写体を撮影しているのですが、

ふと空を見上げると、なんて素晴らしい景色が広がっていることでしょう。

思わず、カメラを空へ向けて撮ってみました。

真ん中には北斗七星が写っています。分かりますか?

 

IMG_1521

 

そういえば、小学生のころ、家には天体望遠鏡がなかったので、

それのある親戚の家に、自転車で10分ほどかけて行っては、

月を眺めたりしていたことを思い出しました。

季節ごとに見える星座も覚え、星座の云われの物語を読み、

ちょっとした星マニアだったのも、今は昔。

そんな純粋な気持ちだった小学生時代を懐かしみながら、35年後の今、

空ってこんなに魅力的だったのか、星ってこんなにもあったのか、

と感慨にふけったカメラ歴2週間の初心者の撮影した星空をどうぞ。

 

星空撮影、どんどん楽しくなってきました。

欲しい機材もあるので、家内に見つからないように揃えていくとするか。。。