オーナー日記

スズランが咲きました

ふと花壇を見ると花がついていました。

スズランは自分で植えた記憶がないのですが、

どこからか飛んできて根付いたのかな?

ここ数年、葉っぱの大きさも数も少しずつ

多くなってきてたのですが、

花がついたのは今年が初めて。


ところでスズランで思い出すことといえば、

昭和の漫画「漂流教室」。

言わずと知れた梅津かずおのヒューマンサスペンス

の代表作ではないでしょうか?

その第9巻、主人公の高松くんが盲腸で倒れ、

医者の息子ということだけで手術を執刀することに

なった柳瀬君が、麻酔がないという問題とぶち当たります。

その時、ガリ勉の蒲生君のアドバイスが、

「咲子さん、学校にスズランの花がありますか?」

「スズランの汁が麻酔薬になります」

さらに、

「スズランは毒草だから、気を付けてください」

というものでした。

中学生のころ、この漫画から

スズランは【麻酔になる】【毒草】

ということを学んだのでした。

大人になってからも、スズランを見ると

「漂流教室」が連想されるというトラウマの話でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。